錦糸町駅徒歩1分 夜21時まで営業!

首こり(頚性神経筋症候群)は〇〇の原因かも?

パソコンの長時間作業やスマホの活用する機会が増えている現代社会では、首コリを訴える方が増えています。首コリを放置しておくと頭痛が悪化、慢性的な眼精疲労や集中力の低下、めまい、不眠など様々な症状(不定愁訴)がでてきます。

最近首から上の疲れや痛みがある方は、首コリが原因かもしれません。気になる方は是非読み進めてください。

首こりの症状

  • 慢性的に首が固まっている(特に首の後ろ)
  • 目が疲れやすい、慢性的に目が疲れている
  • 寝付きが悪い、熟睡できていない
  • 睡眠時間が取れているのに寝た気がしない(スッキリしない)
  • 疲れやすく、気が付くと横になっている
  • 集中力が持続しない
  • 胃の不調
  • 呼吸が浅い感覚
  • 頭痛になりやすく、頭が重だるい
  • 下痢や便秘がある
  • めまいがある
  • 首の動きがわるい
  • 血圧が安定しない
  • 気持ちが沈みがちで前向きになれない

4つ以上当てはまる場合は、首こり(頚性神経筋症候群)の可能性があります。

(首が原因ではない症状もあります)

とてもつらい状態ですね。でも大丈夫です。
あなたと同じ首こりで悩んでいた人が当院の施術で改善されています。

首こりの原因とは

首こりは、筋肉の緊張だけではありません。実は、自律神経の失調にも影響が出やすいのです。

頚椎(首の骨)の中心には、副交感神経が存在します。
副交感神経は呼吸、消化、循環、排尿、睡眠、リラックスなどをコントロールする重要な神経です。
そのため、首コリによって体全体に不調をもたらすことがあります。

近年はPC作業を中心としたデスクワークでの仕事が増えています。
加えてスマホの普及に伴いタブレット画面を見ている時間も増えています。
結果として首周辺の負担が増えてしまい不調を訴える人が多いのが現状です。

日常生活では、次のような原因が考えられます。

同じ姿勢を継続

デスクワークでのパソコン作業。スマホ画面を見続けている。
仕事上同じ方向を見続けている(現場作業など)。
これらを継続していることで首周辺の筋肉が緊張していきます。

ストレス

ストレスが溜まってくると緊張状態が続いていて、自律神経の交感神経が優位となります。
リラックスができない、血行も悪くなる、体に力が抜けにくくなる、寝てスッキリしないなどから
首コリが更に進みます。

外傷(事故や怪我)

過去に事故やスポーツでのムチ打ちや怪我で首を傷痛めたことが原因
になっている場合があります。
事故でも、どの方向からぶつかったのか?首がどちらを向いていたのか?
原因の特定には、とても大切な要因となります。

スポーツではラグビー、アメフト、バスケット、サッカーなど人と接触の際に首に負担のかかる競技
ボクシング、空手、相撲などの格闘技愛好者
スキー、スノボーなど転倒するとダメージが大きい競技

これらスポーツ愛好者の方の多くが首の症状を抱えています。
いずれも首への衝撃、ダメージが影響しています。

かなり前のことでも原因になっていることがあるので当院では確認させて頂きます。

ストレートネック

頚椎(首の骨)が本来あるべき前方向のカーブ(弯曲)が失われて首への負担が大きくなります。
本来は、前方向のカーブにより首への負担を軽減させています。
過去の怪我や生活習慣が主な原因です。

冷え

直接的に冷やす。オフィスや電車内などのエアコンの冷気の影響が作用します。
冷飲食の過剰な摂取により、内蔵の冷えから体全体が冷えてくることで首こりを引き起こすことがあります。

内蔵の不調

不規則な生活習慣。
食べ過ぎ、冷たいものを飲み過ぎる、不規則な睡眠などで内蔵疲労が蓄積して
首こりがでることがあります。

お腹周辺が冷たい、お腹を触るとなんだか固いことが多いです。
このように幾つかの要因が重なり首こりで悩んでいる人が増えています。

首こりの一般的な治療法

病院や接骨院などで行われる治療法として

1.牽引:マッサージ効果やストレッチ効果があり狭くなった椎間板を広げる効果が期待できます。

2.電気治療:低周波治療器で電気を流し、周辺の筋肉をほぐしていきます。

3.薬物療法:湿布(消炎鎮痛剤)、痛み止め、筋弛緩薬

4.装具療法:コルセットなどで腰部を固定します。

5.ブロック療法:神経ブロック注射で痛みの経路を遮断します。

様々な治療法があります。これらで改善することもありますが、どちらかと言うと痛みを遮断したり、周辺の筋肉のみの治療をしているので根本的な原因解決につながっていないため回復しない方もいます。

※首は非常にデリケートな構造になっているためマッサージなどで力任せにほぐすと筋肉や頚椎を痛めることがありますので注意が必要です。

予防と対処法

出来るだけ負担をかけている原因を取り除いていくことが大切です。

  • 姿勢改善をしましょう
  • スマホやPC作業の時間を短縮する
  • 生活習慣の改善
  • 冷気に首をさらさない

姿勢改善をしましょう

長時間同じ姿勢を続けない。負担のかからない姿勢で仕事や作業をすすめる。
適度な休憩やストレッチなどをして出来るだけ固まらないようにしましょう。

スマホやPC作業の時間を見直す

仕事で相当な時間をパソコン作業で費やし、帰宅の電車でもスマホを読み・・・
気がついたら寝るまでスマホを触っていた・・・
これでは、姿勢も固定され、目の負担も大きいです。

どの位の時間をパソコンやスマホと付き合っているのか一度見直しをしましょう。
可能な限り時間を減らしていくことで負担軽減につながります。

生活習慣の改善

食べ過ぎ、飲み過ぎ、不規則な睡眠時間、体を冷やしていないか(冷飲食、クーラー)
を見直し改善出来ることから始めてみましょう。

冷気に首をさらさない(首を冷やさない)

首こりの原因の一つに冷えがあります。
冷やすことで血行が悪くなり筋肉も固まりやすくなります。
特に夏場のエアコンには要注意。

オフィスでエアコンの風に当たる人はスカーフを巻くなどの防御策を取ることをおすすめします。
寝るときはエアコンの風が直接当たらないようにする
など出来るだけ首周辺を冷やさないように工夫をしてください。
当院では、原因となっている要因を確認しながら提案を行っております。

希望者には姿勢のコツもお伝えしております。

当院の治療法

  • 体全体のバランスを整える
  • 筋骨格系の調整
  • 自律神経の調整
  • 内蔵の調整
  • 生活習慣の提案

を中心に行っていきます。

体全体のバランスを整える

首こりによって痛みが伴い動きが悪いことがあります。体の痛みはメッセージであることが多いです。
「痛い=動きたくない」
ですから動ける状態を作っていくことが施術のポイントとなります。

当院では、バランスを整えることで体全体の緊張を解いて行きます。
体がリラックス出来ることで最も負荷のかかっている首や肩まわりの緊張も取れやすくなります。

筋骨格系の調整

上半身を支える骨盤や体全体を支える足首などを整えます。
ここが安定していないと体を支える中心軸が乱れ頭痛の原因となっている首、肩まわりの負荷がなかなか取れません。
筋肉はほぐれたのにすぐに元に戻ってしまうという結果になりやすいです。

自律神経の調整

自律神経の不調は首こりが影響しています。首のコリの強い部分にソフトにアプローチをしていきます。
改善することで自律神経の通りがよくなり首こりの改善だけでなく、体の機能アップ、やる気アップ、行動力アップが見込めます。

内蔵の調整

内蔵機能が低下すると、体全体の活力が低下します。
コリ易くなり、疲れが貯まりやすく、抜けにくくなります。
回復も遅くなるので中々改善しない慢性頭痛のある方には効果的です。

内蔵調整は、他にも〔胃腸の不調、不妊、生理痛、便秘、膀胱炎、逆子、梅核気などの改善が見込まれます〕

生活習慣の提案

首こりにつながりやすい生活習慣の改善を提案しています。

改善に繋がる姿勢、冷え対策、体操、ストレッチ、食事の提案などをおこなっていきます。

特に、PC作業での座り方のコツは来院した方から目からウロコとの評価も(笑)

最後に・・・

ご本人が必要としている原因にしっかりアプローチして筋肉の緊張を取り除いていきます。
施術もグイグイボキボキしないでソフトに行うので、初めての方でも安心して受けることができます。

だから、当院の施術は首こりでお悩みの患者さまからも
〔なんだかわからないけどスッキリ!いつの間にか首こりがとても楽になった!〕
と言って頂くことが多いのです。

グイグイ、ボキボキしないソフトな整体と鍼灸で
あなたの辛い首こり・首の痛みを改善するだけでなく、不安を解消します。

みなさんがそれぞれのフィールドで大いに活躍できるようになること
それこそが当院のミッション(使命)です。

病院やいろんな治療院 どこに行っても良くならなかった、
どこにいっていいのかわからない・・・

そんなあなたに、ぜひ当院の施術を体感してもらいたいと思います。

あなたの辛い首こりをぜひ一緒に改善していきましょう!

電話をかける

ページの先頭へ戻る