錦糸町駅徒歩1分 夜21時まで営業!

脊柱側弯症

側湾症とは

脊柱(背骨)が横方向に曲がってしまう病気です。ねじれが加わることもあります。

後ろ姿で背中をみると正常なら真っ直ぐですが、側湾症は脊柱(背骨)が10度以上曲がっています。

主に成長期に発症すると言われていますが、自覚症状がほとんどないためはじめの段階では本人も周囲も気づかないことが多いため発見が遅れがちです。

IMG_0728

側弯症の原因

側弯症には機能性側弯症と構築性側弯症があります。

機能性側弯症

ヘルニアや坐骨神経痛などの痛みのために姿勢が悪くなる側湾と元々姿勢悪い場合の側湾があります。これらは原因を取り除いていくことで改善されていきます。

構築性側弯症

姿勢を変えても矯正できない側弯症です。脊柱自体に問題があり病的な側湾症です。

外傷性、先天性、特発性の側弯症があります。

特に『特発性側弯症 』は全体の8割以上を占め原因もわかっていません。

特発性側弯症

原因不明のため、姿勢の悪さや生活習慣によるものではありません。

発症年齢により以下のように区分されています。

    乳幼児側弯症(3才以前に発症)

    学童期側弯症(4歳から9才に発症)

    思春期側弯症(10才以降に発症)

この中でも10才以降に発症する思春期側弯症は、特に女子に多く男性の5倍強で発症しています。

進行については初潮前や成長期で骨が未成熟な場合は進行しやすいと言われています。

また自覚症状も乏しいため気づくのが遅れてしまうことが多いようです。

側弯症の治療法

軽度側湾(30度未満)中度側湾(30~50度)高度側湾(50度以上)で治療法が異なります。

軽度だと経過観察をしながら進行具合を定期的に確認します。

進行が進んだ場合は、装具による矯正治療や手術療法があります。

装具療法が主な治療法なようです。

装具療法の目的は進行防止であり、装具をつけたことで脊柱自体がまっすぐには戻すわけでないとのことです。

手術の場合は、外科的に背骨のカーブを矯正していきます。

当院の治療法

整体による施術します。表面の筋肉から刺激を入れていくので痛みはほとんどありません。

施術も背骨に僅かな圧をかける程度のため安心、安全な整体です。

(強くグイグイ揉んだり、バキバキはしません)

また側湾症の施術は解剖学、生理学の知識が必要です。
当院では、国が認めた国家資格のある院長が施術をします。

施術は、背骨のアプローチの他に骨盤、股関節、足関節など全体のバランスを整えながら

弯曲したカーブの角度をまっすぐな方向に整えていきます。

変化について:施術後は変化を感じて頂く方が多いです。ただし、完全にまっすぐにならない場合もあります。
回数も側湾症の状態により異なりますので、ご相談しながら対応していきますので安心してください。

*学校等で側湾症の疑いがあると言われた場合は、整形外科で一度診察を受けることをお薦めします。


ビフォー・アフターの一例
IMG_0859

※個人の感想であり、結果には個人差があります。成果や成功を保証するものではありません。

電話をかける

ページの先頭へ戻る